スタートアップ投資に針路をとる航空業界「空のテスラを探せ」




このニュースを要約すると・・・

▶︎破壊的イノベーションを求めて

▶︎電気航空機は地域航空業界を変革する

▶︎投資家として技術革新の実現を支援

米航空宇宙大手ボーイングと米格安航空会社ジェットブルーが、スタートアップへの投資に乗り出している。

両社が出資するのは、近距離用の電気航空機を開発するズナム・エアロ(Zunum Aero)だ。

ズナムは現在、シート数10~50席の旅客機の設計・製造を進めている。航続距離の当面の目標は700マイル(約1125キロ)。2030年までに最大1000マイル(約1600キロ)に延長する予定だ。

https://newspicks.com/news/2182978/body/?ref=picked-news_22

海外でのスタートアップと、日本で「スタートアップと言われている企業」の規模の差。

「日本のスタートアップ」ってなんのイノベーションもないよな(笑)

あなたのは意見はどうだろう?

コメント欄から意見をお願いします。

 


ブログランキングでは、他のニュースサイトも確認できます。
▶︎人気ブログランキング   ▶︎FC2人気ブログ    ▶︎ニュースブログ

【大人気記事3選】
▶︎人気ユーチューバーが大金持ちになった本当の理由
▶︎あなたもすぐに金持ちになれる!?
ビットコインが急上昇中!!

▶︎【大人気!】アンケート記事一覧はこちら




Facebookアカウントでコメント

匿名コメントはもう少し下の方にあります。


sponserdlink

follow us in feedly

One comment

  1. 日本の「スタートアップ」はただのクソ。
    まともな会社なんてない。
    開発力がない。
    技術力でなく、営業力で勝負するのが日本のベンチャー。

あなたのご意見をコメントしてください

内容に問題なければ、下記の「コメントを投稿する」ボタンを押してください。(名前は任意です)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)