社長の年収っていくらなの?調べてみた




『社長の年収っていくらなんだろう?』

そう思ったことはありませんか?

私はあります!!

そこで、社長の年収っていくらなのか調べてみました!!

 

日本社長の年収ランキング

まずは、日本企業の社長の年収を調べてみました。

※2015年のものらしいです

【1位】孫正義(ソフトバンク社長)

役員報酬 1億3000万円

配当金収入 94億2800万円

合計 95億5800万円

95億・・・こんなに貰ってるのにまだあんなに働くのか。

やっぱり社長は変人・・・。

 

【2位】柳井正(ファーストリテイリング社長)

役員報酬 4億円

配当金収入 66億6600万円

合計 70億6600万円

ユニクロ社長・・・さすが。

 

【3位】里見治(セガサミーHLD会長)

役員報酬 6億3500万円

配当金収入 13億4400万円

合計 19億7900万円

やっぱりパチンコは儲かってるんだなー。

パチンコやってる人、この人たちがこれだけ儲かってるってことは、

パチンコでは負けるようになってるからですよー。

 

【4位】橋本浩(キョウデン前会長)

役員報酬 12億9200万円

配当金収入 4300万円

合計 13億3500万円

プリント基板会社のキョウデンの前会長がこれ。

なんだか老害臭がするのは私だけ?

 

【5位】樫尾和雄(カシオ計算機社長)

役員報酬 12億3300万円

配当金収入 7800万円

合計 13億1100万円

 

と、私調べではこのようなランキングになりました。

ちなみに補足しておきましょう。

孫社長にしろ、柳井社長にしろ、役員報酬は低いですよね?

けど、配当金は多い。

つまり株を多く持っているから配当金が多いわけですけど、

それはつまり、株主に還元していることを意味します。

それに比べて、他の社長は、役員報酬が異常に多いですよね。

で、配当金は少ない。

これは、自分はガッツリお金もらうけど、

株主にはお金あげたくないという現れです。

お金にガメツイんでしょうねー。

 

中小企業の社長の年収は?

ま、大金持ちの社長の年収は分かりました。

スケールが違いすぎます。

それより、私が知りたいのは一般企業の社長の年収です。

調べてみました。

資本金2000万円未満の会社の社長の平均役員報酬【543万円】

資本金2000万円以上5000万円未満の会社の社長の平均役員報酬【752万円】

資本金5000万円1億円未満の会社の社長の平均役員報酬【1037万円】

全体平均 613万円

え・・・?

613万円??

少ない。

どうやらこれは、赤字企業が非常に多く役員報酬を貰っていない社長や、

異常に低い役員報酬に設定している会社が多いからのようです。

そんなに、会社経営って厳しいんだ。

全然お金もらってないのに、必死に働いているのか、社長は。

平均値ではなく、中央値で調べてみました。(苦労しました)

すると、結果は、

1500万円〜2000万円

のようです。

 

そんなもんなのか。

しかも、調べてみてわかったんですけど、

社長って会社が倒産したらたくさんの責任を負わなければいけないらしい。

だから、日本の社長の年収って海外に比べて異常に少ないんだって。

海外では1億超えるなんて当たり前らしいし。

そう思ったら日本の社長って欲が少ないのかな。

本来、最低でも3000万円は貰わないと社長の仕事は見合わないようです。

 

社長ってどんなけ金貰ってんだよーっていやらしい気持ちで調べましたが、

社長って大変なんだなーと思いました。

 

私はこっそり自宅でポイントをお金に変えてお小遣いを稼いでいます(笑)

 



 


ブログランキングでは、他のニュースサイトも確認できます。
▶︎人気ブログランキング   ▶︎FC2人気ブログ    ▶︎ニュースブログ

【大人気記事3選】
▶︎人気ユーチューバーが大金持ちになった本当の理由
▶︎あなたもすぐに金持ちになれる!?
ビットコインが急上昇中!!

▶︎【大人気!】アンケート記事一覧はこちら




Facebookアカウントでコメント

匿名コメントはもう少し下の方にあります。


sponserdlink

follow us in feedly

あなたのご意見をコメントしてください

内容に問題なければ、下記の「コメントを投稿する」ボタンを押してください。(名前は任意です)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)